本文へスキップ

中国茶のことなら、中国茶.biz へ go!総合情報とブログで、中国茶を気軽に!

お電話でのお問い合わせは、お気軽に!TEL.090-5527-6938

無農薬にこだわる-米作の経済CHINESE TEA BLOG

龍南兄弟社公式ブログ


 無農薬栽培が危険の可能性を避ける方法の一つであることは良いとして、そもそも農産物の価格は経済的にはどう評価できるのでしょうか?
 生産者は、品質・価格面で報われているのでしょうか?

 ここでは、減反政策により需給調整がおこなわれてきた、米作を例にとり、米が安い、高い、と言う議論ではなく、現在の価格水準での経済性を考えてみたいと思います。

反あたり収穫量と売上

 大づかみに経済性を考えるときに良く用いられる概念として、反当り収量があります。もちろん、米の銘柄ごとに収穫量は異なるし、その年の作柄、中山間地の棚田か、大農経営ができる平野部か、でも異なることでしょう。

 概して、天候に恵まれた場合、
化学農薬・化学肥料・除草剤を用いた場合、600 Kg/年・反、
無化学農薬で、             360 Kg/年・反、
無化学農薬・無化学肥料で、       300 Kg/年・反、
さらに、無除草剤で、- 10 %       240 Kg/年・反、

と置いてみることにします。米は、玄米です。

 米はスーパーマーケットでは、
Kg当たり 300 円ほどからです。その価格水準では、スーパーの利益を 0 と置いて、600 Kgで、年間売上 18 万円です。米専業農家は、30 反以上必要とされるゆえんです。
 もちろん現実には、流通マージンがありますので、農家の手取りはおおむね半分くらいでしょう。

 ある程度の規模でおこなわないと、米つくりは採算を取るのが厳しい価格水準に既になっています。

 この価格水準では、経済的に成立させるために、大農経営を志向せざるを得ず、新規就農者が米作を選んだ場合、
・広い農地を借りる( 買う )費用、
・大農経営にともない、必要な農業機械を購入する費用、
などを、就業時に最初から準備することが必要になります。

 現在の米の価格水準では、新規就農には大金の準備が必要になっています。

 一番下の無除草剤のケースでは、一定程度の手/機械除草を織り込んでいます。何もしなければ、収穫率はさらにダウンします。

 除草剤を使わない代わりに、「 作業量 」が増えますので、収穫減見合い以上の価格アップがないと、生産者に長期の対応を求めづらいところがあります。また、除草剤を使わない場合、手/機械除草の面積的限界もでてきます。( つまり、薄利を多売で解消するにも、除草できる面積から、限界がきます )

米穀検査の問題

 米は、食糧法により流通の規制を受けてきており、流通の多くは従来よりの流れで、

生産者 → 登録検査機関 → JA・全集連 → 卸業者/小売業者 → 消費者
という流通になっています。

また、2004 年の食糧法改正 計画流通制度廃止により、新たに、

生産者 → ( 登録検査機関 → JA・全集連・年間取引 20 T 以上の卸業者/小売業者 )→ 消費者
という流通も、インターネットなどで良く見られるようになってきています。

 登録検査機関は、米の等級を米穀検査により定め、生産地と生産年度、生産品種を検査証明しています。これを受けないと、等級が付きません(
未検査米 )。
 
米の等級を定める、米穀検査は、含有水分量と整粒歩合、着色米・異物などの混入割合を基準としていて、外観検査が中心となります。含有水分量が規定値内で、整粒歩合が一定比率以上、着色米・異物が一定比率以下であれば、一等米になります。

 その後は、多くの場合、
地域の JA などにより集荷され、同じ等級の米を混ぜて販売されるのが一般的です。


 
米の食味については、日本穀物検定協会により、各都道府県ランキングが例年行われており、「 特A ランク 」などという形で発表されています。

 各都道府県の大きな地域区分( 県北とか、、、)で集荷された、銘柄別の米を、基準となる米に対して、おいしいかおいしくないか、という対照試験( ブラインドテスト )で、味わいなどを評価したものです。各地域で、基準となる米に対して、非常に食味が良好な銘柄を
特A としています。
 各地域で混ぜられた米は銘柄ごとに評価されますので、
地域と銘柄に対する評価になります。生産者個々人の努力が反映しづらい嫌いがあります。

 以上のように、米に対する現在の評価は、外観と地域と銘柄に対する評価が主になされています。

 もちろん現在流通している米は、皆安全なのですが、上記の評価基準だけでは、

・圃場が川上流域にあり、生活排水( 合成洗剤など )の影響を受けないこと、や
・圃場周辺に工場がなく、排気や廃液の影響を受けないこと、や
・栽培技術を工夫して、無農薬で栽培していること、や
・汚染の持ち込みを避けるために、圃場周辺の植物性肥料( 落ち葉、間伐材など )以外を投入していないこと、

についての、
安心感が十分に評価されていません

 私どもは、このような評価基準を新たに設定し、お客様のニーズに応えたいと考えています。

 私どもは、生産者からの直接配送にこだわります。単一生産者米は、米に対する責任を、その生産者が負っています。

トレードオフとしての選択肢

 特に、農薬を避ける場合、減収率・過重労働をまかなう価格アップとのトレードオフになります。
 その場合の価格アップは、現在の価格水準と比較すると、どうしても数倍という高水準にならざるを得ません。

 とは言うものの、玄米 10 Kg は、お茶碗にすると、約 130 杯分に当たります。つまり、10 Kg 3,000 円が 12,000 円となると、確かに高いですが、白米茶碗 1 杯にすれば、22 円が 90 円です。1 日にすれば、3 杯で 270 円のことになります。

 特に、農薬を含めた、化学物質に敏感な皆様には、
・新しい系統の農薬が出てきた場合、その安全性評価が経験的に定まるまでの期間は無農薬で、
・摂取量が多い食べ物( 特に、米 )だけは全て無農薬で、
・米をときどき無農薬で、
、、など、さまざまな進め方をお勧めします。



shop info.店舗情報

運営会社:有限会社龍南兄弟社
Since 2003
電話・e メール対応は、
土日祝日を除く、平日 午前 10 時 - 午後 6 時 に承っています。


※ 現在、原因を調査していますが、パソコンでご覧の皆様は、お使いのブラウザーにより、うまく表示できない場合があります。

 Microsoft Edge, Google Chrome で、動作確認ができていますので、よろしければ、これらでご確認ください。
 Microsoft Edge ウェブブラウザーは、Windows 10 OS に付随しています。
 Google Chrome ウェブブラウザーのダウンロードは、Google サイトより可能です。